読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しい海の季節に

Hey!Say!JUMP薮宏太くんを好きなとある女の子の話

2007年9月24日

薮宏太 Hey!Say!JUMP 山田涼介

2007年9月24日。
Hey!Say!JUMPを好きな人で、この日を知らない人はいないんじゃないだろうか。

私がHey!Say!JUMPのファンになった日である。

え、どうでもいい?
そんなことはないでしょう。

……こほん。

改めまして、Hey!Say!JUMPの結成が発表された日です。
そして、私がHey!Say!JUMPを好きになった日でもあります。

 

あの日、ジャニーズJr.のライブをフジテレビでやると知って、私は急いで部活から帰ってきた(もちろん、録画も予約済み)。
そして、運命の瞬間を見届けた。今でも眼に焼き付いている。
初めて、Ultra Music Powerが発表されたあのときのことは。大きな幕がステージを覆っていて、 それが弾けるように降りて、Hey!Say!JUMPの10人が飛び出してきたのだ。

その夜は、「HEY!HEY!HEY!」の特別番組に出演して、横浜アリーナからデビュー曲を披露した。

それが、私とHey!Say!JUMPとの出会い。
その日から、もう8年、Hey!Say!JUMPを応援している。




さて、私が薮宏太くんのファンになった話をしよう。

実はこれが本題である。

私はミステリードラマが大好きだ。
イケメンも大好きだったが、V6の三宅健くん(伊藤家の食卓の大ファンだった)や、デビュー前のKAT-TUNを少し好きなくらいで、ジャニーズJr.というものの存在を知らなかった。
そんな私が、ジャニーズJr.を知ったのは、ミステリードラマがきっかけだった。

中2のある日、日テレでミステリードラマをやるらしい、と知った。
それは見なくてはならない。聞けば、神木隆之介くんも志田未来ちゃんも出るらしい。これは絶対に見なくては。
そう思って、ドラマが始まるのを待った。
ドラマ自体も気に入って、そのあと原作漫画を揃えてしまったのだが、それはまた別の話である。私は第一話を見終えて、主役の脇にいるどこか影がある少年を気に入った。
主人公のライバルポジションというのは私が大好きな立ち位置(どんな物語でもたいていこのポジションのキャラクターを好きになる)かつ男の子が格好よかった。
これが後のHey!Say!JUMPの不動のエース・山田涼介である。

彼を好きになった私は彼がジャニーズJr.の山田涼介くんだということをエンドロールで知り、当時期間限定ユニットだったHey!Say!7のことを知り、CDを購入した。

例えるならば、一夜で燃え上がる恋のような、そんな感じだった。

そして、たまたま書店で見かけたHey!Say!7が表紙の雑誌(Wink Up 9月号)を購入した。
初めてアイドル誌なるものを購入した私はHey!Say!7だけではなく、一通りそれを眺め、そして、あるページで手を止めた。

アロハシャツを着て、頭につけたハイビスカスの手を添えている彼がいた。
ドストライクだった。

惚れっぽいって?
仕方ない、小さいときからイケメンは大好物だ。

何はともかく、これがジャニーズJr.のトップグループだったYa-Ya-yahの薮宏太くんに惚れた瞬間である。

しかし、一緒に見ていた母は同じページに居た山下翔央くんを気に入ったのだと勘違いした。それも仕方ない。その頃の私は小柄な男を好きになることが多かったのである。別に小さい男が好みだったわけではないのに、なぜか好きになるのはそういう人ばかりだった。
そんな経緯とあまりにも早く好きな人を変えることへの抵抗のために、薮くんにそのまま興味がうつることはなかった。好きだったのだが、それよりも露出があっという的に多かった山田くんを追いかけていたのである。

そして、転機となったのが9月24日だった。
選ばれたのは、期間限定ユニットだったHey!Say!7に加え新たに5人。
その中に、薮くんがいたことにより、私の興味は彼へと動き始める。
漸くテレビ東京系列で「Ya-Ya-yah」という番組をやっていることを知り、終わってしまった直後から「Hi!Hey!Say!」を見始め。
後はもう、山田くんを辞めることのこじつけを探すくらいだったと思う。
そのこじつけはここでは言わないでおくのだが、結果的に山田担を3ヶ月も経たずに止め、私は薮担として、毎週のように「Hi!Hey!Say!」を心待ちにする生活を始めたのだった。

今思えば、最初に山田くんにハマったのは、明らかにドラマのキャラクターの影響が大きかった。そして、それは燃え上がってすぐに冷めてしまう恋だったのだろう。
今でも、彼のことは好きだが、それはアイドルを精一杯追いかけるというものではなく、人として好きなのだと思う。
メンバー全員が彼を不動のエースだと認めるように、私も彼がエースだと思っている。
そして、私はエースよりもリーダーとか、後ろで支える人が好きなのだ。

それが、私が薮くんを担当とするまでの話。
その後も何度も惚れ直しているのだが、それはまた別の話。